代表挨拶

『社是』 社会への貢献…小さなことでも社会に喜ばれるように。 資質の向上…勤務を通じて自分を磨こう。 利益の追求…利益なくして会社の存続はありえない。  『品質方針』 品質第一…お客様に満足してもらう製品を作ろう。 向上心…現状に満足しないで創意、工夫をしていこう。

  ミツエイは昭和44年に有限会社三津栄化学として酸性洗浄剤の製造を始め、その後間もなく洗剤としては高度な品質管理を要求される漂白、洗浄剤の製造に着手し、幾多の困難を乗り越えて今日まで参りました。
平成6年に株式会社に組織変更すると共に、時代の流れである国際化に対応するべく社名を「ミツエイ」に変更いたしました。
  当社の社是にもあるとおり、日常的に使用する漂白剤、洗浄剤を低価格、且つ高品質でお客様にお届けするために容器の製造から内容液の充填まで一貫した生産技術を確立しておりますが、現状に満足することなく、より良い製品、より環境に配慮した製品を目指して今後とも活動を続けて参ります。

 

代表取締役 安部徹

 

  Mitsuei started the production of acidic cleaner as Mitsuei Chemical Limited Company in 1969. Shortly after that, we started the production of bleach that requires to be handled by advanced quality control and have overcome many difficulties up to present time.
In 1994, we changed the organization to a stock company and also changed the company name to "Mitsuei" in order to correspond to internationalization with the times.
 As stated in our company creed, we have established consistent manufacturing technology from production of container to filling of content fluid, in order to provide customers with high-quality and low-cost bleach and detergents routinely used in daily life. We will continue the activities pursuing to provide better product and more eco-friendly product.

 

Representative director, Tohru Abe.