お知らせ

【お知らせ】塩素系漂白剤の希釈方法について

ミツエイの塩素系漂白剤で、ウイルス対策の消毒液を作るには?

厚生労働省HPにおいて、モノに付着したウイルス対策には次亜塩素酸ナトリウムが有効であると記載されています。 ※弊社における検証データはありません。


市販の家庭用漂白剤を、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%になるように希釈して使用するとされていますので ミツエイの塩素系漂白剤(原液の濃度5%)にて希釈液を作る場合は、下表に示す目安で希釈することをおすすめします。
ミツエイの次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤は、衣料用の「ブリーチ」と台所用の「キッチンブリーチ」です。
いずれの製品も、次亜塩素酸ナトリウム濃度が5%になるよう製造されています。


塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、常温で保管でも徐々に分解する性質をもっています。
特に、直射日光のあたる場所や高温での保管では分解が進むことが知られており、 お手元の製品も保管条件によっては分解が促進されるため、濃度を特定することはできません。



※保管条件により濃度の低下が不安な場合は、製造から3年以内の濃度で調整してください。
※製造から3年以上経過した製品では、濃度の低下により十分な効果が得られない可能性があります。
※塩素系漂白剤を使用する際は、製品に表示されている注意事項をよくお読みになってください。